スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さぶくなると

11月も1週間終わりまして、秋も大詰め。
そろそろ木枯らしの便りが届きそうです。

このブログは、わたくし事務局長が気まぐれにぼつぼつ
書いておりますので、他のブログのように定期的には
更新できませんが、お許しを。。。

先日、スーパーに買い物に行きますと、
聖護院大根が並んでいました。
もうそんな季節なんやなぁ…と。
今年は夏が暑くて長かっただけに冬が近いことを忘れてしもていたような。。。

これからの季節は、根菜です。
聖護院大根に代表される丸大根はやわらかいので、
煮物にうってつけです。

ちなみに、わたくし、小さいときには、長大根は生で食べるもの、
丸大根が煮て食べるもの・・・と思い込んでおりました。

そういえば、金時にんじんもそうです。

他の地域では金時にんじんは、お正月前のほんの一時期出るだけや
そうですが、京都では秋から春までごくふつうに店頭に並びます。

なので、
煮て食べるのは金時にんじん。炒めたりゆでたりしていただくのは西洋にんじんと、
使い分けるのが当たり前やと思うておりました。
それは京都以外では当たり前のことではないと知ったのは大学に入ってからのこと。

大学は京都やったのですが、京都以外の人が9割以上を占めておりましたから
(下宿生が大半でした)、いろんな意味でカルチャーショックを味わいました。

京都に限らずどこであれ、食べ物というのは地域の特色をあらわすものなのでしょうけれど、
野菜に関して、京都でしか通用しないあれやこれやがほんまにたくさんあります。

ありがたいことに京都は野菜が非常に豊富でおいしい。
また、豊富であるがゆえに、いろんな調理法が浸透しています。

「おぞよの会」というのをはじめたきっかけはそんなところにあります。
この、京都でしか食べない野菜・・・それはきっと京都でしかしない(かもしれない)
調理法で処理しています。そんな京野菜(料理)の数々を、今まで未体験の方に
知ってほしいと思うたからです。

今ちょっと、事務局の都合で、おぞよの会をすることが叶っておりませんが、
そのうちにまた、定期的にできるようになるといいなぁ…と考えております。
待っててくださいね~♪      
スポンサーサイト

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言

プロフィール
NPO法人京町家・風の会の事務局長が べべとおぞよに関することを、つらつら 書き綴っております。

こんなことについて書いてほしい!とか ございましたら、ぜひご連絡ください♪
メイル:machiya@kyo-kaze.jp
お待ちしておりま~す★

べべあそび

Author:べべあそび

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。